竹内文書









日本の正史的な文献「記紀」である『古事記』『日本書紀』をはるかに遡る
超古代の日本と世界の歴史を伝えるという脅威の文献が存在します
それが『竹内文書』です

竹内文書』(磯原文書、天津教文書ともいう)とは、神代文字で記された文書と
それを
武烈天皇の勅命により武内宿禰の孫の平群真鳥が漢字とカタカナ交じり文に訳したとする
写本群と、文字の刻まれた石、鉄剣など、一連の総称で
皇祖皇太神宮天津教(天津教)の聖典です








1ee6133a
              幣立神宮に飾られた五色人面

 皇祖皇太神宮はコチラ
logo




ice_screenshot_20170704-105951300250








                                ブログランキング・にほんブログ村へ